ここ数年で企業のメンタルヘルス対策が大きくクローズアップされるようになりました。

「産業構造の変化」
「企業のグローバル化」
「成果主義の浸透と裁量労働制の普及」
「ITの普及による情報伝達手段やスピードの飛躍的変化」

等々と求められる労働の質の変化は驚くべきものがあります。

 

メンタルヘルス対策は事業者の社会的な責任であると言われ、心の健康管理も含めた安全配慮義務が法的にも問われる今、多くの人事労務担当者にとっては

「どのようにすすめていったいいのか」

「どのように導入していったらいいのか」

「効果的な取り組みの方法は・・」

とわかりにくいのも事実だと思います。

 

企業におけるメンタルヘルスの重要性が意識される以前から多くの企業様のメンタルヘルスを支援してまいりました。

社内でのこころの健康管理におけるカウンセラーとしてメンタルヘルス推進を企業の方々と共に支援しております。

 

それぞれの企業の規模、業種により導入方法、最初の一歩は違います。

先ずは社内のご担当者様のお話しをお聞かせください。それぞれの企業のニーズにあったセミナー、カウンセリング、仕組みづくりなどこれまでの多くの企業での経験と実績から無理のないご提案をさせて頂きます。

人の問題は企業にとって大きな問題となります。単なる作業環境にとどまらず企業の生産性につながる経営資源の問題になります。その企業にあった内容を見出し、支援をさせていただきたいと思います。お気軽にご相談ください。

 

  • |