21世紀の社会に求められるのは、知性ばかりでなく、感性・社会性・精神性をバランスよくカバーした能力。

まさに『人間力』です。一人ひとりの人間力を見極め、高めていくために生まれたのがnEQです。

 

 

EQ」という言葉が職場や教育の現場でよく使われます。

EQ」は、Emotional Quotient またはEmotional Intelligence Quotientの略で、日本語では「感情知能指数」と訳されています。


つまり、自分の感情をコントロールしたり、対人関係を円滑に保つ能力、いわゆるIQ能力にはあてはまらない「情と意」の能力。

 チームワークや円滑なコミュニケーションが必要とされる場面では、このEQ能力が高い人が求められます。

nEQnはNipponのnです。EQの理論はもともとアメリカで生まれたものですが、

nEQ(日本人のEQ能力アセスメント)は全く新しく、日本人のために研究、開発されました。

 

「日本人のための」という点を意識して「わかりやすさ」「使いやすさ」を心がけ、プログラムされたものです。

nEQnnewnでもあります。

 nEQは新しく社会性(social)精神性(Spiritual)を測定する項目を設けました。

 

従来のEQテストは主に感情面に重点が置かれていましたが、感情だけでなく、自分を正しく認識し前向きにコントロールする能力、対人関係に対応する能力、さらに社会性や精神性と幅広い側面をみることができます。

21世紀に求められる総合的な「人間力」を見極め、その力を伸ばすために開発されたアセスメントプログラム、それがnEQです。

自分の強みと弱みを知ろう!

 一度受検した人なら知っているnEQ(えぬ・いー・きゅー)なる代物。

 

 それって何?といわれること数知れず。

 

「自己理解に使えるんです!」とか

「自己分析に使えるんです!」とか

「自分の可能性を知る事ができるんです!」とか

「自分の改善点を知る事ができるんです!」とか言います。

 

 nEQは 「人間力」を測るものです。

 

 自分自身はどうなのか?

 他者との関係はどうなのか?

 社会性は?

 精神性は?

 と4つの項目をさらに詳細に項目を設けています。

 

 平成23年7月からこのセミナーを始めてきました。

 毎回会場に足を運んでくれる受講者が増えています。

 

 震災後4年が過ぎました。

 日本中の皆さんが一生懸命走ってきたと思います。

 

そんな時、ふと自分自身やまわりとの関わりが見えなくなってしまうんですね。

「このままで大丈夫だろうかとか今のままでいいのだろうかとか。」

 

そう、自分がどういう状態なのか確認する余裕もなく走ってきました。

 

 

 ドラッカーはこう言います。

「セルフマネジメントが大事である。そのためには自己管理しないといけない。成長させる環境においていきいきと働けるように努める。」

 

 そのための留意点として、

 1 自分の強みを知る

 2 自分の得意な仕事のやり方を知る

 3 自分の価値観を知る

 と語っています。

 

 まずは自己管理することが大切であると。

その自己管理をするためには、客観的に自分を知ることが大切になります。

 

それをnEQが可能にしてきました。

 

 

nEQEQ能力を測るものですが、

 高得点のモノは「強み」「得意なもの」、

 低得点のモノは「弱み」「苦手なもの」

という見方が出来るのです。

 

そしてこの「強み」と「弱み」はいくらでも伸ばすことが出来るのです。

それはEQ能力だから。

 

人の能力は知・情・意で表されています。これは昔からそうなんです。

知は「読み・書き・算盤」 言語能力・計算能力・記憶力 

つまり、IQ(知能指数)で表されています。

 

情は感情・気持ち 意は行動となっています。

このが測定できなかったのです。

それを測定できるようにしたのがEQなのです。

 

 成功者を見ていると、どうも知識だけじゃない、

気持ちや行動面が成果を出すことに繋がっているとわかってきたのです。

そこから、EQ(心の知能指数)に注目が集まってきました。

 

さらに、そのEQを日本人にわかりやすく、「腹に落とす」ようにわかりやすくしたものがnEQということです。

 

 

「強みと弱みを知ることが出来る。」

その分析の中から自分の得意なものを知ることが出来ます。

 そして、nEQの中には社会性や精神性といったことがわかるので、自分の価値観を知ることができます。

 

 

今回、プチ診断を準備してきました。

このプチ診断を通して、自分自身を開示することが出来ます。

この開示することがとても自分自身を楽にしてくれるんですね。

 

開示する事を通じて、自分がやるべき事を見つけていきます。

さらに自分を見て行きたいのであれば、nEQを受検していただくと、深く知ることが出来ます。

 

ほぼマンツーマンで分析をしていきますので、少人数で行わせていただいております。

 

おひとりの参加でも開催いたします。

今までもおひとりのほうが有意義になっているようですね。

分析とコーチングやカウンセリングが混ざって、自分の方向性を見つけられると同時に自分自身を取り戻すキッカケになっているようです。

 

3,000円はそう考えるととてもお安いものになりますね。

 

ご希望があれば、出張でも開催しようかなと思っています。

お役に立てることであればうれしいですからね。

 

一生懸命は知ってきたからこそ、自分自身をしっかり見つめて、これからの自分を作っていきましょう。

 

微力ながらお手伝いさせていただきます。

あなたの心のバックアップするものとして。

 

有限会社マイルストーン 八矢 浩


 

 

[弊社のお客様の活用例]

 □ 新卒採用・中途採用前に人間力を測定し、採用の参考にしている。

(採用後は参考にして、開発部分を教育する)

 □ 社員の状態を確認する。

(研修の一環として受検し、その後個人目標を面談をしながら作成)

 □ 自分の開発ポイントを知って、自己啓発する。

(個人でも、法人でも行っています)

 □ ここ数ヶ月間、個人での受講が増えてきています。


自宅で受検後、アセスメント到着時に面談し、自己成長のための行動計画を立てています。


就職活動・結婚活動など、自分を知って(自己理解)、自分の強みや改善点を見つめるのにもOK。

 

nEQ受検後、教育に生かすために毎月フォローの研修及び面談を行う。

一緒に人材育成を行いましょう!

nEQ受検に関わらず、月1回1日訪問の「人材育成業務応援」を行っています。

面談で使うも良し、全体のフォローセミナーで使うも良し、経営者の育成相談で使うも良し。

随時、ご相談に応じて使い方を決めさせていただいています。

訪問以外での「電話やメールでの相談」はいつでもOKです。

nEQの受検やYG性格検査等のデータとあわせてお使いいただいています。

後日の受検でもOKです。(1ヶ月108,000円~、交通費・nEQ受検費別)  

 

個人の受検の方で面談後、フォローが必要な方

特に仕組みは作っておりません。必要な方はご相談下さい。

 

一緒に仕組み作りを行いましょう!

  • |