弊社で取扱う健康エコロジー商品をこのホームページでご縁のあった方に販売しております。

日頃の健康増進災害時にも役にたつサンゴ(coral)を使用したオススメ商品です。

ご相談やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

熊本・大分で地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに1日も早い復旧をお祈りいたします。東日本大震災及び熊本・大分地震への支援を微力ながら行ってまいります。

【細胞活性化水に変化させるサンゴの効果】

  ポイント 

一般飲料水の塩素を取り除き、身体にとって良いおいしいアルカリイオン水にします。

銀イオンの特異な作用により細菌の増加及び水の腐敗を防ぎます。

カルシウムを多量に溶出します。

外出に便利な携帯パックです。

沸騰水でもお使いになれます。

風化造礁サンゴ粒って何?

風化造礁サンゴ粒

清澄な沖縄の海でサンゴ礁が永年に亘り波の作用によって破壊され潮の流れで海底に運ばれ、砂状になって堆積された天然資源です。自然破壊とは無関係の貴重な海洋資源です。カルシウムをはじめ、マグネシウム・ナトリウム・カリウム等、20種類以上の微量元素を含んでいます。 その粉末は、サンゴカルシウムとして広く食用として使われています。

沖縄の海がきれいなのは、サンゴのおかげもありますよね。

銀イオンと水銀は全くの別物?

銀イオン

銀には、水や食べ物の腐敗を防止したり、除菌作用があるからなのです。

よく食事に毒が入っていると銀は反応して確認できるということでも使われていました。 

それに銀は、古くから食器として使用されていたばかりでなく、食品添加物としても認可されています。

製菓材料のアラザン、水道蛇口につける抗菌材料、お父さんたちがよく口にする仁丹の銀粒やチューインガム・タバコの銀箔、さらには靴下・肌着など、私たちの身近なところで多く利用されています。もし体内に取り込まれたとしても、銀は速やかに排出され、体内には約10%しか吸収されません。

ときどき、水俣病の原因となった「水銀」を「銀」と勘違いし、銀まで有毒だと思い込んでいる人がいますが、銀は有毒な水銀とは元素記号が異なる全く違う物質であり、銀は大量誤飲による以外、危険性はありません。日本の飲料水基準では、銀の含有量規制値は設定されておらず、飲料水の除菌にも応用されています欧米などでは飲料水を塩素ではなく銀で除菌している国もあります。

銀を水中に溶出することにより発生する銀イオンは、微生物に対して極めて高い除菌効果を持っており、その根底は金属酸化物が水中で活性酸素を放出するからです。毒素に対しても敏感な反応を示し、水を浄化する作用があります。

この銀イオンは水を浄化する能力と菌を繁殖させない能力を持ち合わせています。

酸化還元力が凄い!

酸化還元力

身体に酸化しないような方向性を持たせることができます。

水道水は仙台だとだいたい400mv~500mvです。酸化傾向が強い水です。

ここに投入すると、50~150mv程度に下がります。井戸水レベルですね。ミネラルウォーター並です。身体に優しい水になっていきます。

取扱させていただいている商品のサンゴは風化造礁サンゴ粒を使っています。(特許製造)

清澄な沖縄の海でサンゴ礁が永年に亘り波の作用によって破壊され潮の流れで海底に運ばれ、砂状になって堆積された天然資源です。

自然破壊とは無関係の貴重な海洋資源です。

 

カルシウムをはじめ、マグネシウム・ナトリウム・カリウム等、20種類以上の微量元素を含んでいます。 その粉末は、サンゴカルシウムとして広く食用として使われています。

この自然に蓄積された風化造礁サンゴ粒を用いて作られたサンゴ製品から、不足しがちなカルシウムを補給することができます。

この製品からカルシウムは 354,000ppm 1ℓ中に35.4%)含まれると調査結果が出ています。

 

また、酸化還元電位が低くなりますから、抗酸化(酸化しづらい)になり、細胞を生き生きとさせる水に変化することも認められています。

 成分に含まれる銀イオンは、制菌作用で細菌の繁殖を抑えますので安心です。(水銀は危険ですが、銀は人体に優しく、安全な物質です)

 
水道水なら含まれている塩素などもサンゴ粒が取り除いてくれるので、おいしくて安全なお水がいただけます。

【商品一覧】浄化作用に優れたサンゴを使用した商品です。

サンゴパック(携帯用浄水剤)

定価5,940円(税込)

エコラール(保存用浄水剤)

定価2,052円(税込)

一善青汁(いちぜんあおじる)

定価3,240円(税込)

 

 

サンゴスティック(サンゴカルシウム飲料)

定価4,860円(税込)

 

 

  • |